富士登山

富士山登山記  (2009.8.9-10)

ダンナが富士山に登ってみたいと言い出したのは、
7月になったころ・・ダンナにとって今年は節目の年。
何かをやり遂げたい!と思ったのかも。
夏休みに行こう~と言い出し、息子は大反対。
ワタシは一抹の不安が。。
何より、3人とも登山経験なし。 装備も何も持ってない。
普段運動もしていないのに、大丈夫?! 初登山にして富士山?!
だんだん洗脳され(笑)、初めてなのでガイドさんがつく山小屋一泊のツアーでいくことに決定。
ネットで調べた結果、横浜発のバスがあるサンシャインツアーに予約をしました。
富士登山に行くと話すと意外と周りには行ったことがある人がいて
色々アドバイスをもらった。 義妹、実は母も若い時に登ったんだそうだ。(知らなかった~)
前日は興奮してあんまり寝られませんでしたが、当日が来てしまいました。


家を午前5時過ぎに出て、富士5合目まで行くバスに乗り込み、さぁ~出発♪
ひどい渋滞もなく、昼前に吉田口5合目に到着。

いや~~、すごい人!
下山して帰る人、これから登山の人が5合目にあふれていた。
ここで、1時間以上留まった。 これは体が高地になれるようにする為なんだとか。
ワタシたちは総勢42人で女性のガイドさん、山小屋の人が後ろについてくれた。
12時半くらいに出発した。
f0054025_1945367.jpg

(金剛杖を購入していざ♪)

6合目まではハイキングのような感じ。
そんなにキツイ所もなく、まだまだ余裕? 
でも、ちょっと空気が薄いかな~。 

6合目から7合目ジグザグの山道。
f0054025_19462169.jpg

7合目に到着する前に岩場が表れてちょっと苦戦する。
何度か休憩しつつ登るも渋滞していて時間がかかった。


7合目から8合目。(↓7合目、トモエ館前にて 標高2700mくらい)
f0054025_19475020.jpg

7合目で一緒のツアーの外人さんがリタイアした。
途中何度も遅れてしまって、その度に待っていたのだけど、
やはり調子が思わしくないみたいで7合目の山小屋で休むことになった。
息子もワタシもちょっと登ると息が上がる。
そのたびにふぅ~っと深呼吸をする。
時々見える雲海が素晴らしい。
山中湖や丹沢の山々が見えた。
岩場の道は手をつかないと危なっかしく、ちょっと怖い。
リュックがずっしりと肩に食い込み、体も疲れてきた。

f0054025_1948253.jpg

8合目が今日のゴールかと思っていたら、
本8合目まで行くんだそうだ。
8合目で3000mを超える。
もう辺りも少しずつ暗くなってきて、山小屋の灯りが見えるがこれがかなり先にある小さな光。
えぇ~~~。あそこまで?!と泣き言が出てくる。
ヘッドライトで足元を照らし、
ただ黙々と一歩一歩前に足を出す作業だけなのに本当に辛い。
前の息子も時々深く息をつき、また登る。
なんだか涙が出そうになった。 
頼れる人もいない、ただ一歩進むだけ。 
頑張るしかなかった・・・涙。
午後7時過ぎ、本日の登頂終了。 
本8合トモエ館で翌日の登頂まで休憩。 (標高3400mくらい)

山小屋に泊まるのも初めての経験。
夕飯はカレーとハンバーグ♪ 温かいお茶が嬉しかった。
洗面所もないし、お風呂ももちろんなし。
トイレも1回100円なり。(途中のトイレもどこも有料です)
服を着たまま、寝袋に入り休む。
うっすら頭が痛く、時々携帯酸素を吸う。
外は雨が降ってきて、風も強そうだ。
山小屋の人やガイドさんはご来光は無理かも~と言っていたが、
その通りになった。
そのまま、5時過ぎまで眠り、ここから下山になった。

朝ごはんは炊き込みご飯のお弁当。 
あんまり食欲がない。
外は風も強く、雨が降っている。
新調したレインスーツを着こんでいざ、下山開始。
下りは途中までは登りと別の道を通る。
砂利道をひたすら歩く。 下りの方が楽だが、腿の前に体重がかかるし、
膝もがくがくしてくる。 足の親指も痛い。
途中で痛くなって、靴を脱いでみるとマメがつぶれて皮が剥けてしまった。
見たら余計痛くなり、そこをかばうのでまた他が痛くなった・・・笑
途中、年配の方が膝がわらって下山出来なくなった。
他の方がリュックを持ってくれたけど、何度も転んでしまい、みんなと下山するのは無理そうだ。
ガイドさんが馬を呼ぶことを提案したけど、それでももう少し山を降りなくては。。
ガイドさんはその方につくことになり、ワタシたちは別のツアーのガイドさんと降りることになった。
足も痛いし、筋肉痛だし・・・下山も辛かったけど、何とか降りることが出来た。
登山道の入り口の看板が見えた時は感動でした。
興奮気味にダンナは外人さんに日本語で!カメラのシャッターを押して欲しいと頼んでました・・・笑
下山時唯一の画像だが、顔がばっちり写ってるので載せられないなぁ・・・笑
下山には3時間くらいかかったようです。 

着替えをして腹ごしらえして、バスに乗り込んだ。
前日お風呂にも入ってないので、日帰り温泉施設へGO~~♪
これがめちゃくちゃ気持ちよかった~。
そして新宿までバスで一直線。 帰途についた。

                                  *
帰ってきてから・・・・
あそこまで行ってご来光が見れなかったのが残念でした。
ダンナは来年リベンジしたいそうです。。
もしも、もしも・・・行くんなら1ヵ月前くらいからウォーキングしたりして鍛えなくては。。。
不安はありましたが、結果行って良かったです。
何より、やり遂げた感がある。
家族の絆も深まり、きっと何年かして富士山行ったよね~って話す日がきっと来ると思う。
息子もとっても頑張っていたし、感心しました。
悩んだら山へ行け! という本があると何かに出ていたけど(タイトル微妙に違うかも)、わかるような気がします。
山歩き女子も増えてるそうです。
行く前は登山は5,60代の方々が多いのかなと勝手に思っていたのですが、
そうでもなくて、女子の二人組。 サークルのようなグループ。 夫婦やカップル。
息子とお父さん、そしてうちのようなファミリーなどなど・・・いろんな方がいました。
小さな悩みも本当にちっぽけに思えて、いろんな事に前向きに考えられる事が出来そうです。

おしまい。
[PR]
by petitbouquet | 2009-08-10 19:40 | odekake


何か作ること、古びたものが好きです。心に残ったことや日々の暮らしの何気ない出来事を綴っています。    けこ


by petitbouquet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
days
interior
handmade
odekake
book
oshirase
event
未分類

ライフログ

掲載誌

作りたくなる!かぎ針でハンドメイドのアクセサリー


コットンタイム 2015年 07 月号 [雑誌]


ニットマルシェ vol.14 (Heart Warming Life Series)


かぎ針あみと棒針あみの 手元あったかハンドウォーマー・ミトン・てぶくろ (Let's knit series)


ナチュラル好きのかんたん木工 (学研インテリアムック)


1時間でできる! 簡単かわいい手作り小物218 (別冊すてきな奥さん)


かぎ針で編む かわいいモチーフ&小もの


アンティークスタイルのちいさなレース編み (Let's knit series)


ニットmarche vol.13 (2012春/夏)―「かわいい」を編もう。 (Heart Warming Life Series)


ステッチidees vol.15 (Heart Warming Life Series)

以前の記事

2016年 08月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
more...

お気に入りブログ

Luna eyes ~あ...
ほんわか堂
Bienvenue*
souvenir/un ...
AT Y’s お花と暮らし
*to Heart -D...
Sweet Home*27
Strawberry F...
sherry posset
ecru-diary
HONEYBROWN
May Me
~petit* jard...
クレヨン ジャーンちゃん
ile
kupu
プティクロ  peti...
S*basket
AT Y's イベント
Little Smile
hibi+α
milly.b
riche coco

その他のジャンル

Skypeボタン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
ハンドメイド

画像一覧